RSS | ATOM | SEARCH
自分が他人を気にするほど、他人は気にしてないのが殆ど?

こんにちは。

 

何をしても何もしなくても時間は確実に過ぎていってしまう。

気付けばもう6月です。早すぎます。

虫の日生まれだけに、サボテンに刺され、謎の虫に耳を刺され、41歳になりました。

あ、無視しないでおくれよ。

梅雨に入ったよ。雨凄すぎだよ。外が見えないよ。

 

そんな6月。

 

こよみ珈琲【千変万化 せんぺんばんか】

 

 

生産国:コロンビア、ブラジル、ホンジュラス

焙煎度:ハイ〜フルシティ

 

画像にアイスコーヒーがあります。そです、これはアイスコーヒーも推奨しています。

 

こちら、最初はホットで淹れてご堪能いただいたあと、コーヒーが温かいうちに氷をドボンすると

なんと 劇的に味が変わります。

 

ジャイアンが「木こりの泉」に入ったら、きれいなジャイアンが出てくるように。

 

スッキリしながら、とろんと甘い。

 

そんなコーヒーです。

これ、ホットが冷めるのを待ってもこの味出ないから不思議。

ですので、ホットで抽出するときは少し濃いめがいいと思います。

 

「千変万化」はこのブレンドができてから名づけました(by tomo)。

いろいろさまざまに変化すること。

中国の道家思想を伝える古典「列子」に書かれた逸話から故事成語となりました。

似たような言葉に「変幻自在」がありますが、こちらは「思いのままに変化する様子」だそう。

 

似てるけど、ちゃんと意味を知ると違いが分かります。

 

今年のこよみ珈琲は、世の中の流れ(ほぼコロナですが)を意識しちゃってます。

あんまりそんなつもりはないんですけどね。

 

私たちが生きてる中で初めての未曾有な事態。

なんたって社会やら経済やら生活が変わってしまった。

 

でもどうやったって生きていかなければならず、何が正解なんて分からないけどそれぞれが選択し、変化していかなければならない。

我らでいえば、お店や会社でもやり方や考え方が違ってくる。

 

これだけのことを経験すると

元に戻っていいこと、ダメなこと、変化が必要なこと

いっぱいあるように思います。

 

変化には抵抗があるかもしれないけど

違うことをすれば、違う考え方をすれば、非難されるかもしれない

 

でも、同調圧力とかどうでもよくて

色々あっていいと思います。

 

変化するってことで、ある程度の負荷がかかるのはみんな同じなんだから。

 

 

と、長くなりましたが

とにかくこの「千変万化」はみなさん思い思いに好きな淹れ方をして、楽しんでいただければと思います。

 

我々の考え方や淹れ方などコンセプトは、作り手として「ない」ってことはあってはなりませんが

でもホント、いつも以上に自由に。

 

「これこそは!」という楽しみ方を発見したら、ぜひ教えてくださいね。

 

 

あ、ブレンドの作り方で今回のこだわりを書くのを忘れてましたw

もし気になったら聞いてください♪

author:pioneercoffee, category:ブレンド作成, 17:37
comments(0), -